ドフスの伝説

昔々、Ankamaという大陸で、恐ろしいドラゴンが出できました。もともと平和な大陸は急に気が張り詰めることになりました。
どうすればいいですか、そんな怖いドラゴンのことを、人々は大混乱に陥っていました。
Rykke Errelと呼ばれた勇敢な若者が立ち向かいました。彼は命をかけて抵抗して、やっとドラゴンを負かしました。
ドラゴンが死んだ後、Ankamaの知恵のある者はドラゴンの巣窟で6つの卵を見つけました。それらの強力な力を秘めたドラゴンの卵をドフスと名づけました。
ドフスの時代、オグレストという食人鬼は一人の女の心を手に入れるため、6つのドフスを収集しました。
しかしオグレストを彼女に拒否され、神から責められる厄介者にしました。崩壊した彼は世界の頂に登って泣いていました。その涙は大洪水となり、大陸を島嶼に変え、世界を飲み込んでしまいました。
生物の生きるエネルギーであるワクフがバランスを崩し、水位が上昇し、自然が暴走しはじめました。そんな時、少年ユーゴは仲間たちと冒険の旅に出る。
ドフス(Dofus)はプレイヤーに巨大的なゲーム舞台を提供します。皆は探検しながら色々な面白い動物や植物を気づきます。そればかりではなく、任務を完了し、エスカレートシステムを通してゲームの専門家になるかもしれません。
[PR]
by googlermt | 2013-08-21 11:36 | ドフス
<< ドラゴンクエスト10 経験談 DIVINA声優掲示 >>