dq10の魔法師

初期梅拉(メラ)と望むこと亜多い(ヒャドの)攻撃、その他の職業との物理の攻撃の威力を使うことができるのはたいして違わないで、しかし法師はMPを使ってだから初期にとても耐えられません。
イラクヨーロッパ(イオ)をマスターした後に全体を行って攻撃することができて、初期に敵普通は一回ただ出現の1~2個だけ、だからイラクヨーロッパ係はここで文を呪って段階腕前を発揮する所がありません。
希亜達克(ヒャダルコ)の威力とイラクヨーロッパはたいして違わないで、だからあまり使いやすくありません。
鞭の状況でで技量を使わないで力による闘争家の力の数値+10「常時力+10」を掌握してあるいは金の効果を精錬するを通じて(通って)威力の話に等級を高めることを提供する比較的に困難です。

こんなに弱くなり経風法師がいったん梅拉米(メラミ)を学ばなかったらの後に巨大な変化が発生します。
攻撃します威力一気に越えるその他の職業、その他にさらに加える両杖の技能の中粗暴です歩く魔法の度の「暴走魔法陣」(21pt)と魔法の技能の怪しい光「ぶきみなひかり」(26pt)譲る法師跳ねるとなるスーパー主力。
ドラクエ10rmt両杖の技能の中でもっと前に詠む棒「早詠みの杖」と魔法の技能の中の魔力の息「魔力のがやめて吹く」、魔力は目覚めて「魔力覚醒」同様に値打ちがあり期待します。
boss戦いの中で梅拉米(メラミ)がある、催眠(ラリホー)をつけ加える、封魔(マホトーン)、下がる功(ヘナトス)はこれらが能力のを下げて文会の気楽にたくさんを呪うことに協力する。

以上の技法に基づいて、法師の普通な行動は、「鞭(あるいは短い剣)の攻撃を使う」あるいは「魔法の猛攻orを使って棒を使って回復MPを攻撃する」。
[PR]
by googlermt | 2013-08-30 11:58 | ドラゴンクエスト10
<< ネットゲームff14 dq10雑談 >>