怪物

そんなにざっと私に希望をつけるようにしましょう。たとえばYYすぐに将来Raid、あるいはFF11のそんなに特殊な“指名する怪物(NM)”のシステム、またあるいは高級の地区まで(へ)昼夜稽古をしてリスのやめない専業主婦の達人iroiro-rmt(日本ネットが達人に泳ぐのがたくさんですすべて時間が多い専業主婦に破裂するのです)をこすることを少し景仰して、再びたとえば競売店まで(へ)能力の非常に強い最終装備を少し参観して自信を確立します……

RaidとNMが系統的でまだやり終えていないで、だから大きい地図はほとんど全部空っぽです。高級の地区がうわべの脅しを見てとれない主導的な立場をまいてiroiro-rmtがくたばることを責めます。競売店はやり終えないのではなくて、根本的であることはでき(ありえ)ない!あなたの高級の地区に行くことができるチームチームはリスをこすります。

公がユーザーを測るが全体の世界の常識な人権がない。しかしこれもあまりに過ぎたでしょう、フグ、あなたは何を思っています!

確かにある。でも、この設計と“毎週1時間遊ぶことしかできない”の市中の噂は実際にはすこぶる違いがあります:あなたがこの噂をもし聞いたことがないならばこのゲームを遊びにきて、甚だしきに至っては恐らくこのシステムの存在を体得しきれません。FF14の経験は2部分に分けて、役の固有の等級と武器の職業の等級。

2つの部分はそれぞれにアップグレードの体系に値すると独立の経験があって、しかし異なる方法を通じて(通って)獲得します。役の固有の等級の主要な出所は敵を殺してと任務を完成するのです;武器の職業の等級が対応する武器/魔法/採集/制造業を使うのです時一定の確率は獲得します。

100%の経験を獲得するiroiro-rmtは確かにうわさの中のでように、毎週はただ1時間です、しかしこれが1時間終わった後で、獲得率別にすぐになく帰零を経験して、比較的に緩慢なスピードで、一定のパーセンテージによって下がります;もしあなたはおかしな事(人)を打つことを停止するならば、職業を交換してあるいは任務/に交際して商売に走って戻って行くので、この獲得率は反発します。
[PR]
by googlermt | 2013-09-11 16:06
<< 維持性技能 ff14各職業 >>